介護保険って何?

自分が老人になっても、認知症や病気になることなく、健康で人生の最期を迎える事が出来るのが一番の幸せではないでしょうか?老人でも、病気になる事や、認知症で人の手助けが無いと生活していけないくらいの状態にならない方もいます。
しかし、多くの高齢者の方は、誰もが健康な体を維持しているわけではありません。

高齢になってくると、同居している家族、遠く離れたところに住んでいる家族に、介護などの手助けが必要になってくる場合があり、介護しようとすると、引っ越しや介護施設などを利用する事になります。
介護が必要になった場合、一般的には誰かの手助けが無ければ、日常生活を送ることは出来ないのです。

介護保険は、特定の年齢以上になった時、その年代の方が保険料を支払い、自分に介護が必要になった時、人生の最期まで日常生活をしっかりと送れるように、介護を行う家族の負担を少なくするために生まれた保険なのです。
それが介護保険と呼ばれる保険であり、それが無ければ施設の利用や、介護に掛かる費用を全額負担しなければいけなくなるので、家族に掛かる経済的な負担が多くなるのです。

介護保険は、どのくらいの保険料で、保険を掛ける期間や満額になった場合の使い方等は、介護施設等や、介護される方の状態でも違いがあるので、介護施設の担当者に聞いてみましょう。
保険料金の支払いも、相談できる窓口があるので、支払い料金や、支払う期間等わからない部分は問い合わせする事が必要です。